• HOME
  • Face to Faceに込めた思い

富士地域の月刊新聞 『Face to Face』

富士山南麓に暮らすふつうの人々のふつうでない生き方を描くコミュニティ・ストーリー・ジャーナル

Face to Faceに込めた思い

issues

2004年の創刊以来、私たちは

富士山南麓地域に暮らす人々の

たくさんのストーリーを描き、伝えてきました。

富士山にインスピレーションを受けながら創作活動に打ち込む人。

より暮らしやすく、よりやさしい街づくりのために身を捧げる人。

ユニークで社会価値の高いビジネスに取り組む人。

あるいは、この地を足がかりに全国や世界へ羽ばたく人。

人口40万人のこの街ですが、伝えたい物語の数は尽きません。

私たちのインタビューでは、時間を区切ることはありません。

語り尽くし、ご自身すら言語化していなかったような深層にたどり着くまで

とことんお聴きし、とことん掘り起こします。

今やっていること、表面に見えることだけではなく、

過去と現在と未来を結んだ、その人の生き方の根っこにある

誰もが共感できる普遍性をこそ描き出したいと思うからです。

富士地域という街への地元愛にこだわっているわけではありません。

誰もまねできないような「すごい人」を探しているわけでもありません。

私たちのストーリーに登場するのは、世界中どこの街にいるかもしれない

「ふつうのあなた」なのです。

編集長 星野大輔

発行の目的と媒体の概要

Face to Face[紙版]は、富士市の新聞販売店・星野新聞堂が発行しています。

私たちが売っている新聞というものは、広い世界のどこかで昨日起こった大事件は伝えても、身近な地域の中で、また長い時間軸の中でこつこつと活動してきたふつうの人々の等身大のストーリーを伝えることはあまりありません。
また、暗いニュースは記事になっても、人を勇気づけたり前向きな気持ちにさせるような話題はあまり新聞では取り上げません。

そんな新聞という商品の生来的に苦手な部分を補完し、地域の中での活字文化を守っていくことは、情報産業の片隅にいる新聞販売店にとってとても重要な事業であり、その提供する価値の本質であると考えて、私たちはFace to Faceを発行し続けています。

創刊

2004年8月

発行日

毎月第2水曜日

装丁

タブロイド判 8ページ

発行部数

25,000〜35,000部(号による)

配布方法・エリア

新聞折込(静岡県富士市・沼津市西部地区)
ポスティング(静岡県富士市)
施設配架(静岡県富士市・富士宮市の公共・文化施設、広告掲載店舗など)

発行

有限会社星野新聞堂
富士市緑町1-28
https://shinbundo.com/

編集人

編集長 星野大輔

編集制作

コンテクスチュアリー・コンテンツ・スタジオ株式会社
(編集部直通)0545-55-0033
https://talking-pencil.com/about-us/